2017年12月1日金曜日

カーシェアリング車両のタイヤ交換と定期点検

11月29日(水)〜12月1日(金)に、日本カーシェアリング協会車両のタイヤ交換と定期点検が行われました。

震災以降、自家用車を無くした被災者に車両を提供する活動を行っている同協会を支援するため、機械工学科自動車工学コースでは、年2回のタイヤ交換および定期点検を実施しています。

今年も雪のシーズンを前に冬用タイヤへの交換などを行い、利用者に喜んでいただきました。
11月30日(木)朝には同協会の代表理事である吉澤武彦氏も参加して、盛大に開会式が行われました。

昨年までは4年生中心の活動でしたが、本年度からは2・3年生も参加し、より実践的な自動車整備技術を勉強しています。

車両整備をする学生

記念写真


2017年11月27日月曜日

小学校にて学外授業を実施

11月24日(金)、石巻市立山下小学校で、自動車技術会東北支部主催の市民講座が開催されました。

この講座は、小学生に「自動車産業と自動車の将来」を勉強してもらうため、自動車工学コース4年生の学外授業として実施しているものです。

小学5年生32名が、山本教授による「自動車の将来」を勉強した後、大学生の指導を受けながら電気自動車の模型作りに挑戦しました。

小学生は失敗を重ねながらも1時間ほどで模型自動車を完成させ、楽しそうに試走させていました。

山本教授による説明
電気自動車の模型作り
集合写真


2017年11月9日木曜日

1年生への研究室(コース)紹介

11月6日(月)、フレッシュマンセミナー(1年次、必履修科目)の授業にて、自動車工学コースの研究室紹介を行いました。

3週にわたり、機械工学科の各コース・研究室の紹介を実施しています。

今後のコース選びや学びの参考にしようと、学生は熱心に話を聞いていました。

自動車工学センターでの説明


2017年11月4日土曜日

出前授業を実施

10月31日(火)、機械工学科の高橋准教授が、大和浄化センター会議室にて出前授業「機械が感じるストレスと機械保全の基礎」を行いました。

この出前授業は、みやぎ流域下水道施設管理運営共同事業体が行っている技術研修会の一部として実施されたもので、宮城県下水道公社の社員など約30名が受講しました。
仕事として施設管理や保全に関わっている受講者が多く、熱心に受講されていました。

石巻専修大学では、社会貢献活動として、地域のニーズに合わせた出前授業を積極的に実施しています。

出前授業の様子

2017年10月24日火曜日

学生整備コンテストで活躍!

10月21日(土)、トヨタ自動車仙台分室にて「学生整備コンテスト(主催:自動車技術会 東北支部 学生自動車研究会)」が開催されました。

5大学(石巻専修大学/東北学院大学/秋田県立大学/八戸工業大学/東北大学)から16チームが参加し、学科・灯火装置・液体判別・測定・運転診断の項目を競い合いました。

本学チームは、自動車工学コース部門で1位と3位を獲得しました!

1位:岩田君(4年)& 坂本君(4年)
3位:菊池君(4年)& 昆野君(2年)

おめでとう!!


本学職員の佐藤斉さん・佐藤匡俊さんも判定員として参加しました。

参加者
集合写真
判定員を務めた佐藤さん


2017年10月23日月曜日

自動車講演会を実施

10月20日(金)、石巻自動車講演会(主催:機械工学科 自動車工学コース)が行なわれました。

世界初の量産する燃料電池車"MIRAI"の開発を手がけた豊田中央研究所部長・梅山光広氏に「エコ車開発の現状と将来」の演題で、開発時の裏話や苦労話を交え講演していただきました。

講演会終了後は、実際に展示された燃料電池車MIRAI(宮城県所有)を前に、作動原理や部品構成を説明していただきました。

ご講演いただいた梅山光広氏

講演概要


2017年10月12日木曜日

ひらいてみよう!知の玉手箱

10月7日(土)、大学祭同時開催イベントとして「ひらいてみよう!知の玉手箱」が開催されました。

機械工学科では「ロボットのプログラミング体験」や「自動車の無料点検」などを行いました。
多くのご来場、ありがとうございました。

プログラミング体験の様子